開発環境の準備もあきらめずに!!トライ&エラーを

この記事は約5分で読めます。

環境構築もご自分で作業!!

自分でした方が、スキルアップになるのです。

開発環境の準備

プログラミングを学ぶには、本を読むだけでは、解ったような気がするだけですので、実際に作って動かしてみましょう。

ネット上で学べるサイトもありますが、本格的にするならば、やはり環境を作り、試しながらしてみるのがよいでしょう。

学ぶ言語により環境は異なってきますので、いろいろ調べながら構築していきましょう。

環境を構築していくことで、様々な知識もついてきますので、あきらめず、してみましょう。

最近行った環境を紹介します。

プログラミングコードを記述していくのに

Windows だと メモ帳を使われる方が多いですが、、、他のテキストエディタか、IDEをお勧めします。

IDEとは? ⇒ こちらの記事で

エディタは後述で

C言語の開発環境

Windows版のC言語のコンパイラ?

Mingw といったのがありまして、、

ソースコード(C言語)をコンパイルして実行ファイルを作てくれます。

コンパイルといった作業を行わないと、動くモノ、アプリケーションにならないんです。

といった初歩的なお話もありますが、、、

このMingw 32Bit 64Bit と あります。

で、発生した現象でいえば、64Bit マシンに、32bit 用を適用していると、、、

作られた実行ファイルが、、、ウイルスチェックにひっかり、、、消されてしまうといった現象がおこりました。

旧パソコンでセットアップした古いバージョンをそのまま使ってしまった例です。

まさか、ウイルス判定されるとは・・・

64bit版をセットアップし、コンパイルすると解決しました。

C言語を学ぶと、幅広いプログラミング言語に対応できてきますので、

学ばれる方もいまだに多い言語です。基本的な構文は、Java言語やJavaScript言語も同じなので

C言語から始められるとよいでしょう。 

Mingw-w64

Javaの開発環境

Javaの開発環境である。JDK(Java SE Development Kit)をダウンロードしてインストールを行います。

Eclipseといった総合開発環境もありますが、まずは、Javaそのものを理解することも必要かと思いますので、簡単なコードであれば、Eclipseを使用せずにしてみましょう。

JDKをインストール後、使えるようにするには、Path、環境変数といった箇所を修正する必要があります。

Pathって何?環境変数って何?と思われるかもしれませんが、、、

間違えると動かなくなるアプリケーションが出てきますので、修復ポイントとか、修正前の値を残すとか?壊れても元に戻せるようにしてから試してください。

慣れないと、よく間違えます。(失敗から学ぶことも多いです)

Java SE Development Kit

Java言語もコンパイルしないと動きませんので、、、

コードを記述しながら勉強される場合は、コンパイル環境を用意しましょう。

本読んでも解りにくいですし、環境構築するとスキルアップになります。

Python言語やVBAの環境

Excelとか、Accessで使います。VB系の言語でアプリケーション開発をする場合は、Visual Studio でVB言語の開発ができます。

ExcelやAccessでもVB言語の勉強はできますが、本格的にするなら、やはりVisual Studio でdotNetをしてほしいです。

あまり使われないのかも知れませんが、Python の開発環境も、Windows ならば、Visual Studio にもあります。
デバッグ機能も使えるので、C#などの有識者には向いているのかも知れません。

Visual Studio 2017

単独で、Python言語だけの環境構築を作る場合は、

テキストエディタとPythonの実行環境を用意しましょう。

テキストエディタも必要です。

Javaを学ぶのに、Eclipseといった環境を使用しない場合、プログラムを記述するにメモ帳で?となりますが、 便利なエディタと呼ばれるものがあります。私は、TeraPadを使っています。

ホームページを作る時にも使用できますし、使いこなせば、いろいろ便利です。

長年使っているエディタです。

公式サイト

SQLの環境はデータベースから

データーベースといえば、サーバ機が必要だ!!と思われる人もいるかも知れませんが、そんなことはありません。パソコンでできます。

有名なのは、MySQL、PostgreSQL、Oracle、SQL Server、など有名ですね。

無償で入手可能です。(一部制限はありますが、個人で学習するとか、小規模データなら十分なレベルです)

実際に、データを作って、SQL文を試してみるなど、していくのですが、コマンドプロンプトで実行したり、データベースのツールを使ってすることもできますが

汎用的に使える。データベースに接続できる。

黒猫 SQL Studio とか、古いのだと、A5:SQL Mk-2 といったソフトもあります。

こちらも学習用にテスト用に?

準備しておくとよいでしょう。

データーベースの構築と、そのデータベースに接続するためのソフトです。

以上、ざっくりと概要だけ?を書いてみましたが、

実際に、セットアップ等を行う場合は、沢山の記事が検索するとHitすることでしょう。

納得いくまで、試されてもいいですし、解らなくなった場合は、相談して下さい。

開発環境の構築だけで、丸一日かかることもありますので・・・

タイトルとURLをコピーしました