Wordの表作成で、「表のスタイル」から塗りつぶしの色コピーみたいなことをしてみた。

Wordを使って表を作る時に、ちょっと色付けて、解りやすくしてみようかな?

みたいなことをしていくと思います。

そんな時に、よく使うのが、あらかじめ決まったパターンがある「表のスタイル」

この色付けで、縞模様など使って、見栄え良く作りたい。そんな思いがあることでしょう。

ところが、この「表のスタイル」部分的に、おかしな感じになることがあります。

表の結合をした場合など、予定通りに色付けしてくれないことも多いです。

そんな時に、簡単に、同じ色に合わせたいのになぁ~

「どうすりゃできるの?」との質問より回答してみました。

一連の作業を動画に保存しています

苦手な方は、こんな感じで作るんだなぁ~みたいな感じで、有識者は、こんな方法もあるんだな?みたいな感じで、

いやいや、もっといい方法があるやろ?みたいな方は、優越感に浸って下さい。

色々な方法があります。

お絵描きソフト類だと、スポイト機能? といった感じで、この色を使うよって感じで直接、色が選べるんですけど・・・

さすがに、Wordといったワープロソフトでは、そこまでの機能はありません。

その代わりになりそうな、手法です。

動画を見られただけで、解る方は、よいですが、

もっと詳しく手順を知りたいなぁ~って感じの方は、こちらのページで紹介しています。

https://curiostationokayama.pw/pc-school/

元の色の箇所で、色を作り、その作った色を指定する。

みたいな感じです。

Excelでおなじような感じで、縞模様にしたい場合は、

「テーブル」といった機能を使えば簡単にできます。

選択範囲が少ない場合は、付けたい箇所を選択していけば容易にできますが、選択範囲が多くなる場合は、繰り返し作業などで作っていくようなことも作業効率を上げるためには必要かも知れませんね

より簡単に、より見栄え良く、サクサクで作れるといいですよね

スポンサーリンク




コメントの入力は終了しました。