失敗しないプログラミングの学び方

【岡山市のプログラミング教室】

プログラミングを学ぶには?

言語を学ぶその前に、学ぶべきことは?

知っておくべきことは?

まず、プログラミング言語の細かい事にばかり気にされる方も多いのですが、

細かい内容よりも、まずは、プログラミングしていく上ですべきこと

というか?

流れを考える方がよいでしょう。

プログラミング言語は、ルール、決まり事が多いです。

作る物、作りたい物の流れ

手順、フロー、アルゴリズムといった内容を考えるべきです。

この2つを習得する必要があるので、プログラミングはむつかしいと思われがちです。

言語のルールは、言語の本を読めば載っています。

それを、作りたい物にするには?

手順、フローといったことを考える必要があります。

プログラミング言語はなんとなくわかるけど?

でも、いざ、プログラミングしてみると、解らない。

そういったことも多いです。

最初は、誰でも解りません。

ひとつの言語でもマスターすれば、

どのような言語でも対応はできます。

応用していくような感覚で作れるものです。

プログラミング言語は、ルールですので、従うしかありませんが、

作りたい物の作り方は、人の数だけ方法が存在します。

なので、一通りのルールを学んだ後は、

実際に作ってみるのが、習得への近道かと感じています。

プログラミングがわからない、挫折した。

そういった人の多くは、

プログラミング言語(ルール)と作りたい物の流れが

合致しないためにおこるものです。

テキスト通りに作るのは、間違い探しになるのですが、

流れを考えて、作っていくのがよいです。

手順、流れ、方法が大切です。

言語の細かい決まり事を元に、手順、方法を駆使して作るのですから

慣れないと、さっぱり理解できません。

その溝を埋めていくことも重要かと思っております。

質問、悩みがあれば、相談して下さいネ。

こちら→お問合せ(クリック)

最近では、

市外から受講される子も多いです。

反対に、市内の子は、少ないです。

Excelで、こんな機能ないの?

といった質問も受け付けています。

チェックボックスとか、リストの作り方、

ラジオ(オプション)ボタンなど

VBA(マクロ)で組み込まないとできないのかな?

といったことでも、Excelの機能だけで、できることも多いです。

いろんな使い方ができるのですが、

すべてをマスターされる人は少ないです。

まず、

「こんなことできないのかな?」

といった発想から始めてください。

当然、相談して頂ければ、探しますので

知らない事を探して、

見つかった時の感動。

また、

できたときの感動ってありますよネ。

是非、相談してくださいネ。

あなたの発想も楽しみですから・・・

こちら→お問合せ(クリック)

スポンサーリンク